​中学生

For our 中学生 English becomes much more important at school. In middle school most children learn about English, but they don't feel they are learning how to use it. Our main focus is to improve the students instantaneous language processing skills so that we can overcome the barrier of translation. How do we achieve this? Of course, through mass exposure.

中学生になると、学校で英語はますます重要になります。中学校では、英語について学びはしますが、それをどう使うかは学んでいないのではないでしょうか。私たちは、生徒の瞬時に言語処理を行うスキルを向上させることに主な重点を置いています。そうすることで、翻訳の壁を打ち破ることができるのです。これはどのようにして達成されるのでしょうか?もちろん、たくさん英語に触れることによってです。

Students will be reading articles that are interesting to them, written for native speakers and carefully selected by our teacher. We won't be drilling lists of words or expecting our students to write out translations. We won't be focusing on perfect pronunciation or a phrase of the day. Instead we will be reading and listening to enjoyable content so that our natural language abilities can flourish.

生徒は彼らが興味関心のあることに関する記事を読むことになります。これらは、ネイティブ向けに書かれたものの中から講師によって慎重に選定されます。私たちは決して単語リストを反復して教え込んだり、生徒が翻訳を書き出すことを要求したりしません。また、完璧な発音や今日のフレーズなどといったものを重要視することもありません。代わりに、生徒たちは彼らとって楽しめる内容の読み物を読んだり聞いたりすることで、本来の言語能力を養うことができるのです。

Of course, there is space for some light drilling, and ideally students will be doing it using our recommended online platform as homework. Through mass input, students can overcome the struggle of translation and see their abilities in English improve naturally and rapidly.

もちろん、軽く反復練習をすることもありますし、生徒は私たちが推奨するオンラインコースを宿題として使っていきます。ですが、あくまでもメインは大量のインプットを通して生徒が翻訳に四苦八苦せず、自然と急速に彼らの英語能力が向上することにあるのです。

Through a mixture of input, communicative activities and computer-based learning platforms, the student is fully immersed in English.

​インプット、対話形式のアクティビティ、CBT(eラーニング)などを織り交ぜたレッスンを通して、生徒たちはたっぷり「英語漬け」になります。

Lesson Structure

Our lessons follow a three phase structure that allows our teacher to control the flow and dynamics of the class. Phase 1 has the teacher and student engaging in a Language Processing activity (LP activity) designed to train working memory and listening skills. Students will watch a video, for example, or listen to a dialogue. They will then answer multiple choice questions to evaluate their understanding. 

 

私たちのレッスンは、大きく三段階で構成されています。第1段階は、生徒が作業記憶とリスニング力を鍛えるためにデザインされた言語処理アクティビティ(LP activity)を行います。生徒は例えばビデオを見たり、ダイアログを聞いたりします。それから、どれだけ理解できたかを確認する選択形式の問題に答えます。

Phase 2 is for new input, students will be introduced to a new dialogue, story, article or video. Quick activities are used to help build familiarity followed by a light review of the grammar to establish solid comprehension. Following this, the student will complete short activities to ensure understanding.

第2段階は、新たなインプットを行います。新たなダイアログ、物語、記事やビデオが導入されます。軽いアクティビティを行い、内容や文法、表現に親しんだ後、しっかりとした理解のために文法の復習を行います。これに続き、生徒は確かな内容理解をするための短いアクティビティを完了させます。

Phase 3 is for 多読. We read stories and article with the aim of reading as much as we can. 多読 allows for vast, wide exposure to many words and forms. It serves as a great tool for building familiarity and reviewing already learnt words and structures. We avoid analysing each sentence and grammar point, instead aiming for whole-text comprehension. This style of reading is, by far, the most important for students of English entering the intermediate level.

第3段階は「多読」です。出来るだけ多くのリーディングを目的として物語や記事を読みます。多読をすることで、幅広く多くの単語や表現形式に触れることができます。多読は、言語に対する親しみを積み上げ、すでに学んだ単語や文構造を復習できるすばらしいツールです。私たちはそれぞれの文や、文法ポイントを分析したりすることはせず、文章全体の理解を目的としています。この読書形式は、中級にさしかかるくらいの英語レベルの生徒にとって最も重要であるといえます。

1

LP Activity

2

New input activities

3

多読

Show More

Targets

Our main goal is to expose the student to as much English as possible with fun and interesting activities. Our targets for each student is as follows: 

レッスンの主なゴールは、楽しく興味を引くアクティビティを通して生徒ができる限り多くの英語に触れることにあります。それぞれの生徒の目標は、次の4点です。

  1. High proficiency in listening and reading, able to understand the overall message of native content. リスニングとリーディングにおける高い能力を持ち、ネイティブ向けの内容
    において全体のメッセージを捉えることができる

  2. Recognition of a wide range of vocabulary and grammar structures ~2500-6000 words. 幅広い種類の語彙(2500~6000語)と文法構造の認識・理解

  3. Able to read stories, news articles, comic books and emails with an accurate understanding of the overall meaning. 物語、ニュース記事、マンガ本やメールを読み、全体的な意味を正確に掴むことができる

  4. Confidently pass higher level proficiency tests and be able to answer questions based on actual comprehension of text, not just Question-Answer pattern recognition. 自信を持って英検準2級~2級に合格し、パターン認識に基づく質問だけでなく、文章における理解度を確認する質問に答えることができる。

Prospects

After finishing the course the students will be able to pass EIKEN 準2-2 with ease. They will be extremely comfortable with English and have  no dependency translations.

コース終了後、生徒は容易に英検準2級~2級に合格することができるようになります。生徒は英語に慣れ親しみ、翻訳に頼ることのなく英語のままで文を理解できるようになります。

They will have very high comprehension, reading and listening skills for their age. They will be years ahead of their peers at school.

生徒は、年齢に対して高い理解力、リーディング力、リスニング力を持つことになります。彼らは学校授業において数年先取りしたことになります。

 

Provided that our homework is completed consistently, they will not have to cram for school tests and consistently score in the top percentile. They will also find their ability to write and speak English will come easily and naturally and be mostly error free.

私たちが推奨する宿題を一貫して行っていくことで、彼らは学校のテストのために詰め込み学習をすることなく、高いスコアを維持することができます。彼らの英語を書いたり話したりする力が自然と養われ、たいていの場合間違えることがありません。

 

Motivation

Motivation at this level is extremely important and often becomes an issue at regular eikaiwa. After kids get bored of repetitive drills and uninteresting content they begin to dislike English and as a result, spend less and less time absorbing the language. Since we address the interests, needs and goals of each student individually we find that motivation continues to grow and grow.

この段階においてモチベーションは非常に重要となります。一般的な「英会話教室」ではしばしばこのことが問題となります。子どもたちは繰り返しさせられるドリルや興味の湧かない内容に飽き飽きし、英語を嫌い始めます。その結果、英語を吸収する時間はだんだんと減少していきます。私たちは個々の生徒の興味、ニーズ、目標に基づく内容に取り組むため、生徒のモチベーションを持続、成長させることができるのです。

For example, for a student who plays the koto, we will learn about its history and famous role in literature. For a student who loves video games we will learn about the history of Nintendo as a business, and incidentally pick up a lot of business English along the way.

例えば、琴を演奏するという生徒のために、レッスンで私たちは琴の歴史や文学における琴の役割を学んだりしています。また、ビデオゲームが好きだという生徒のレッスンでは、ビジネスとしての任天堂の歴史を学んでおり、その過程でついでにたくさんのビジネス英語を生徒は獲得しています。

Our classes are small, two students maximum. This allows the teacher to tailor the content of the lesson to the students needs and interests ensuring they are fully engaged throughout the lesson.

私たちの教室は小規模で、1クラス最大3名としています。これは、講師がレッスンの内容を生徒それぞれに合わせて調整するためです。そのため、生徒全員が我々の提供する学習内容にしっかりと取り組むことができるのです。

© 2020 by New Leaf 英語教室

電話: 080-9573-0753   /   reimei0923@gmail.com   /  日本、〒921-8033 石川県金沢市寺町1丁目15